トップページ >> 小江戸瓦版
11月1日・2日と「新河岸川観光舟運」
前の記事過去の記事
※画像をクリックするとカラー画像が見れます!

11月1日・2日と「新河岸川観光舟運」が行われた。

新河岸川は江戸時代、江戸との交流によって舟運が盛んだった。その舟運が数年前から観光目的で
復活していることを知り、2日の朝、天気も良かったので、江戸時代のそれを少しでも垣間見ることが出

来るかと思い、行ってみようと思い立った。

 

場所は菓子屋横丁を坂戸市方面へ向かう高沢

橋と坂下橋の間である。

灌紫公園から入る乗船場所には、着いた時には待

っている人が20人前後だっただろうか。
100メートルにも満たない距離を大人が10人も乗れ
ばいっぱいの舟二艘が行ったり来たりしている。
江戸時代の舟運は無理であっても、情緒的なも
のを想像していた私は、そのあまりの距離の短さに
正直「しょぼっ」と思った。乗る気満々で訪れたのだ

が、気持ちが萎える・・・それでもせっかく来た

 

のだから河川敷づたいに見学することに。
乗客は親子連れが多く、乗っている子供たちは水面に顔を近づけてみたりと、楽しそうにしている。大
人たちは時折二人の船頭さんと会話を交えながら。
最初は萎えてしまった私だが、そんな光景を見
ていると、また乗りたい気持ちが沸々と湧き上
がって来る。乗ってみようかと乗船場所まで戻
ると、舟を待つ行列は50人前後までになってい
た。地元の人だけでなく、菓子屋横丁から流れ
て来た観光客も多くいるようだった。待つのが苦
手な私は、残念ながら諦めることに。さっさと並
んでおけば良かった・・・
舟の流れは川がせき止められているため歩く
早さより緩やかである。その流れを見ていると
時間もゆったりと流れているようで、次第に穏や

かな気持ちになれた。

 

残念だと思ったことを何点か。

 
川岸に見えるイチョウの樹はまだ紅葉を迎えてい
なかった。もう少し紅葉が鮮やかになれば、もっと
風情を持って楽しめると思う。
舟の運行する距離も、川底が浅いため、川をせき
止めて川底を深くしなければならず、その距離に
限りがあるようだった。観光舟運事業を拡張しよう
という声も出ていると聞くが、なぜそれがなかなか
進まないのか、今の新河岸川の流れから一つ理
 
由が分かったような気がした。
   

灌紫公園内では和太鼓の演奏が行われており、子

供から大人までが力強く太鼓をたたく姿が印象的で
河川敷にもそのリズムはよく響いていた。せっかくだ
から河川敷で演奏が出来ればいいのにと思った。
今のままではスペース的に無理なのかもしれない。
余計なことばかりを書き記してしまったかもしれな
いが、素人目からも改善したらもっと良くなると思う
のだから、主催者の方々はもっとそう思っていると

思う。

 

 

川と舟のゆったりとした流れは、時間を忘れさせて

くれる気持ちのいいものだった。同じ新河岸川でも
氷川神社の裏手辺りで観光舟運が行われると聞い
た。そこは川に沿う遊歩道に桜の木々が立ち並び、
春の季節には川から見上げる桜は見事だろうなと
思う。だから、この「新河岸川観光舟運」が様々な問
題を改善し、単なる催しでなく、川越の名物となり
訪れる人々が日々穏やかな風情を感じられるもの
になってほしいと願う。
以上、私の勝手な感想。

※画像をクリックするとカラー画像が見れます!

瓦版
 
前の記事過去の記事
 
2008年11月08日土曜日 PageTop▲