小江戸観光名所ガイド 川越城本丸御殿エリア

観光名所ガイド観光エリアマップ

川越城本丸御殿

※写真をクリックすると大きい画像が見れます。 

川越城本丸御殿へはバス・車が便利です。
駐車場完備。


川越城本丸御殿は、嘉永元年(1848)に時の藩主松平斉典(なりつね)が造営したもので、16棟、1025坪の規模をもっていましたが、明治維新後次第に解体されていきました。
現存しているのは玄関部分と、移築復元された家老詰所のみですが、埼玉県指定文化財になっています。
中はほんのりと薄暗く、カップルにも人気のスポットです。


建造物はもちろん素晴らしいのですが、当時の調度品やかご、本丸御殿模型も展示されています。
実際入ってみると、どの部屋も質素で装飾などは最低限に止められているようですが、落ち着きと風格を感じます。各部屋の引き戸に描かれた杉戸絵が見事です。


見所のご紹介(説明文はパンフレットより抜粋)
・家老詰所
家老詰所は、明治6年(1873)上福岡市の福田屋の分家に移築され昭和62年まで母屋として使用されていたものである。
これをもらい受け修理復元した。
光西寺に残された平面図を見ると、この建物は本丸御殿の奥に土塀で囲まれた家老という重職の居所であり、全国的にも貴重なものである。

・大広間(36畳)
この大広間は、城内の会議を行うときに使用された部屋です。
普段は、留守居役るすいやくのようなものが詰めていたようです。

・家老詰所
市内光西寺所有の「川越城本丸御殿平面図」によると、この建物は、現在地より約90メートル西側に建てられていたことがわかる。
建坪は54坪・木造平屋で寄棟よせむね造り、桟瓦葺さんかわらぶきの屋根で外観は質素である。
室内は、正面に床の間・床脇を備えた10畳を奥とし、8畳・8畳の3室を中心に構成されている。
1間おきに5寸角の柱、高い天井とそれを支える竿縁さおぶちの力強さは、武士の館にふさわしい。
川越城主松平大和守斉典なりつねの時代の建物である。

・家老用部屋
光西寺に残されている絵図には「御老中」と書かれている。
10畳敷で、床の間と床脇を備えている。
川越藩は、江戸幕府にとって有力な大名であった為に、藩主は、年間を通じて江戸に詰めており、川越藩の政務は、家老を中心として行われていたと考えられ、この部屋が、その中心であった。
床の間を背にした武士を中心として協議が進められている。

参考:
川越城は、扇谷上杉持朝(もちとも)が古河公方足利成氏(しげうじ)に対抗するため、長禄元年(1457)に家臣の太田道真(資清)・道灌(資長)父子に命じて築城したものです。
当初の規模は、後の本丸・二の丸を合わせた程度と推定されています。
 やがて川越城は、天文6年(1537)後北条氏の占拠するところとなりましたが、同15年(1546)川越城の奪回を図った上杉氏は後北条氏の奇襲に会い、大敗して群馬に逃れ、それ以後、後北条氏の支配が決定的となりました。
川越城を掌中に収めた後北条氏は、周辺の旧上杉氏所領を直轄領に組み込むとともに、城代として譜代の重臣大道寺氏を配置しました。
 天正18年(1590)、豊臣秀吉の関東攻略に際し、川越城は前田利家に攻められて落城しました。
やがて同年8月徳川家康が一族家臣を従えて関東に移るにおよび、重臣を重要な地に配して領国の安定を図りました。
川越には酒井重忠が1万石をもって封じられ、ここに川越藩の基礎が成立しました。
 寛永16年(1639)、川越藩主となった松平信綱は川越城の拡張・整備を行い、近世城郭の形態を整えることとなりました。
即ち本丸、二の丸、三の丸等の各曲輪、三つの櫓、十二の門よりなり、総坪数は堀と土塁を除いて4万6千坪となりました。

歴代川越城主一覧
〈上杉・北条氏時代の川越城主〉
上杉持朝(もちとも)
上杉政真(まさざね)
上杉定正(さだまさ)
上杉朝良(ともよし)
上杉朝興(ともおき)
上杉朝定(ともさだ)
北条氏綱(うじつな)
北条氏康(うじやす)
北条氏政(うじまさ)

〈江戸時代の川越城主〉 酒井重忠(しげただ)
酒井忠利(ただとし)<老中>
酒井忠勝(ただかつ)<大老>
堀田正盛(まさもり)<老中>
松平信綱(のぶつな)<老中>
松平輝綱(てるつな)
松平信輝(のぶてる)
柳沢吉保(よしやす)<大老格>
秋元喬知(たかとも)<老中>
秋元喬房(たかふさ)
秋元喬求(たかもと)
秋元凉朝(すみとも)<老中>
松平朝炬(とものり)
松平直恒(なおつね)
松平直温(なおのぶ)
松平斉典(なりつね)
松平典則(つねのり)
松平直候(なおよし)
松平直克(なおかつ)
松平康英(やすひで)<老中>
松平康載(やすとし)

■休館日:月曜日(休日の場合は翌日の火曜日)  
平成20年秋より、修理のため休館予定となっていますのでご注意下さい。
  ※平成20年10月20日は開館
  館内整理日(毎月第4金曜日)
  ※詳しくは、博物館カレンダーを御参照ください。
 
■入館料:一般 100円(80円)
  大学生・高校生 50円(40円)
  ※( )内は20人以上の団体料金
  ※敬老の日(平成20年9月15日)は、65歳以上の方は入館料無料

川越市立博物館
埼玉県川越市郭町2-13-1 
Tel 049-222-5399
Fax 049-222-5396
西武新宿線本川越駅または東武東上線・JR川越線川越駅より
  ・東武バスにて
   「蔵のまち経由」乗車札の辻バス停下車、徒歩8分
   「小江戸名所めぐり」乗車博物館前バス停下車、徒歩0分
  ・イーグルバスにて
   「小江戸巡回バス」乗車本丸御殿バス停下車、徒歩0分

※写真をクリックすると大きい画像が見れます。 

観光名所ガイド観光エリアマップ